FC2ブログ

My Favorite Thing 

★気に入ったモノ・人・出来事の記憶をきままに残したいと思います!★

潤くんに宿る「歌舞伎」の魂と型@勘三郞七回忌追善公演(2018/10/6)

風邪っぴき直前の土曜日。
歌舞伎座でおこなわれている
『中村勘三郎七回忌追善公演』に
潤友さんでもある友達と行ってきました!


そうか…もう7年、なんだなぁ~。

潤くんファンになって
勘三郎さんを知って
歌舞伎に触れる機会もあって

潤くんを通して
世界が大きく広がったものの1つ。
それが『歌舞伎』だなぁ
と。

と同時に…

『嵐』のライブや
潤くんの芸能に向かう姿勢や
仕事への取り組み方や
ある意味の「遊び方」などなどに

  「歌舞伎」の魂と型が宿ってるなぁ


と感じています。

なんていうか…


中村勘九郎さんや七之助くんが演じる
歌舞伎の作品の数々。
追善では、勘三郞さんにゆかりの役者さんが
ちょこちょこと顔を出し
勘三郞さんに通じるセリフを
時に空に向かってしゃべったり…。

潤くんは息子だと
可愛がってくれた勘三郞さん

その勘三郎さんに
教わったことは多かっただろし、
本当はこれからも教えてもらいたかったことも
すごく多かったと思います。

中村屋の定式幕を見ると
思い出すのは嵐のライブ「Japonizm」!


かつて埼玉アリーナの嵐ライブを見て
しょっぱなから涙していた勘三郞さん。
「Japonism」を見たら
もっともっと感激して楽しんでくれたに
ちがいないって思います。

エンタテイメント。
その実装にあたっては
先進的な技術も沢山でていて
その最先端の演出技術を学びながら、
潤くんの『ど真ん中』には

  日本らしさ、日本人らしさ
  「伝承」というものの大事さ
  『型』があってこその「型破り」的な魂!


追善を見ながら
一緒に見ていた潤友さんも
同じ思いだった。

  「Japonism」が無性に見たかった!
  「Japonism」を本当に見て欲しかった!


そういえば…

潤くん!
10月8日の昼の部を観劇したみたいですね

勘三郞さんの追善…
潤くんは何を感じていたかな…

スポンサーサイト
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2018/10/10 06:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

松本潤君はいくつになった?
ブログ筆者:kazumie
インフォメーション
アクセス、ありがとう!
コメント、ありがとう!
拍手、ありがとう!
拍手コメは非公開扱いです。

コメントは、すべて、
読ませていただいてます!

ドリコム登録はフリーです
マウスをかざすと止まります!
出演番組
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログをはじめて…
最新コメント一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
管理者メニューEX
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ