FC2ブログ

My Favorite Thing 

★気に入ったモノ・人・出来事の記憶をきままに残したいと思います!★

【嵐にしやがれ2時間SP】感想②:松本潤のエッヂの効いたバラエティ対応力!(2018/9/29)

佐藤健くんとの東京駅グルメデスマッチ
潤くんの「This is MJ」
King&Prince記念館と
大野さんの船企画の4本だった
「嵐にしやがれ2時間SP」


すでに爆笑嵐&楽しさMAXだった
「This is MJ」対決企画については
書かせていただきましたが
→「感想①:『面白い』と『かっこいい』​が繰り返される秀逸の企画『This is MJ』」はこちら


ここ最近感じているのは

  松本潤の「バラエティ対応力」


なんていうかなぁ~。
ニノとはまったく真逆の対応力
っていう感じもするんですが

いい意味で「ひっかかる」対応力!
発想と視点が斜め上からくるような対応力!


っていうのかなぁ。

そのバラエティ対応力が
たけるんゲストの「デスマッチ」にも
キンプリゲストの「記念館」にも
発揮されてて面白かったなぁ~って
感じています。

「嵐にしやがれ」スタッフも
そういった潤くんの言動を
うまく編集して使ってくれててて


そういった意味では

番組スタッフや
ひいては局との相性も
だんだんと醸成化されてきているなぁと


なんていうか…





個人的に思うことなんですが

「バラエティ」番組では
一番わかりやすい役割として
話を振られた時にオチを言うような
芸人さんのような人も必要ですが

どんな展開になっても切り替えしたりして
流れを作れるMC的な人も必要で
『嵐』の中ではニノが
頭の回転も速いし長けてる気がしますね。

その一方で
全体を見ながら、合間に
ウィットに富んだコメントを返したり
話の流れのきっかけをうまく作ったり
全体の流れの中に、上手く切り込んでいける
レスポンス能力の高い人も必要で

『嵐』の番組においては
翔くんと潤くんが
この役割を担っているかなぁと

勝手ながら思っています。
ただ、翔くんはいわゆる正統派で、
潤くんは、
敢えて言えば「亜流」というか
一見、すっとんきょうな切り口から入ってくるけど
最終的には「なるほどねぇ」といった所にいきついたり
時に、話の流れの最初のきっかけを作っていたり
する
そういった部分が大きいと思います。

今回の場合は

キンプリの「記念館」の時が
一番わかりやすかったかなぁ。

まあ後輩だし、
知ってるメンバもいたから、
というのも大きかったと思いますが

平野くんが牛乳配達のトラックの屋根に
乗ってしまったというエピにも
すかさず
「だからしょうがない、にはなんねーよ」
とツッコんでみたり、
「シャチってドルフィン?ちげーよ!」
っていう一言をはさんだり

それら潤くんの言葉を
テロップにしてくれることからしても
番組にとっては
「おいしい合いの手」なんだろうなぁ
と。

その一方で
「好きな時につれる」という岸くんの特技に
「じゃあ、やってみて」と声をかけたり
「筋肉質」だと連呼する平野くんに
「何をしたら筋肉つくって言ってたっけ?」と
歯ブラシの話のきっかけを作ったり…。

それは「デスマッチ」の時も同じ。
「半分、青い」にひっかけて
「半分、嵐」と自己紹介した吉村さんに
わざと無表情な反応をしてみたり
最後のクイズで冷静に
「これ、東京駅じゃないよね?」と
ツッコんでみたり…。

改めて!

  エッヂの効いたコメント


だなぁと思っています。

まあ、どちらのコーナーも
吉村さんやニノが的確なMC力で
展開を作れるからっていうのもありますが

それにしたって

松本潤の「いい~あんばい」のツッコミは
番組の大きな力となっていると思います

それを証拠に
潤くんのコメントの
「テロップ率」の高いこと!
さらには、「イラスト率」も高いですよね(笑)


  番組にとっての大きな魅力、
  もっと言えば、大きな武器の1つに
  なっているのではないかなぁ


と思ったりしています。




スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

松本潤君はいくつになった?
ブログ筆者:kazumie
インフォメーション
アクセス、ありがとう!
コメント、ありがとう!
拍手、ありがとう!
拍手コメは非公開扱いです。

コメントは、すべて、
読ませていただいてます!

ドリコム登録はフリーです
マウスをかざすと止まります!
出演番組
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログをはじめて…
最新コメント一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
管理者メニューEX
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ