My Favorite Thing 

★気に入ったモノ・人・出来事の記憶をきままに残したいと思います!★

【ナラタージュ】記事②:恋愛偏差値が試される松本潤主演の映画@SODA 9月号

こうやってチマチマと記事を書いてる(書き遅れてる)間に
次々と新しい記事がでたり(雑誌が発刊されたり)
完成試写会がおこなわれてイベントも目白押しなので
今更感がある書き留めになるかもしれませんが、
でも、映画「ナラタージュ」については
可能な限り気になるメディア情報は
書き留めていきたいと思います


すでに1つ記事を書かせていただきましたが
→「記事①:『松本潤がオーラを消し、30代で見せた新境地」』@シネマトゥデイ」はこちら

次に気になったのは

最初に目にした行定監督の
ちゃんとしたインタビュー記事。
それが雑誌「SODA9月号」


最初に目にした行定監督の言葉の中で
気になったのは…

  「観る人の恋愛偏差値が試される映画」

  「これは
   松本くん演じる葉山先生の
   不可解さを語る映画だから」


とくに!言葉通り、

松本潤が演じる葉山先生が主演だという
その理由を単純明快に応えてくれたことが


スカッとしたなあ。

それ以上に感じるのは

行定監督の言葉の端々に…




「自分は『映画』を作ってるだ」
「自分は『映画』を作りたいんだ」


っていうような感じが見えるかなぁと。

昨今は
未経験の子供たちに向けたラブストーリが
恋愛映画の主軸とされている


とある意味、疑問というか
もしかしたら、多少のいらつきを持ってる感じもしたり

『ナラタージュ』みたいな映画は
社会派の作品に比べて評価されにくいんですが(笑)
『個人』に染みついていくものが大事。
そういったものを撮りたかった!


って記事の最後は締めていたりして…。

そんな監督にくどかれて、
この作品に参加した松本潤!
まさに『役者』…だね!





スポンサーサイト
[ 2017/08/28 00:03 ] 嵐(映画)ゴト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

松本潤君はいくつになった?
ブログ筆者:kazumie
インフォメーション
アクセス、ありがとう!
コメント、ありがとう!
拍手、ありがとう!
拍手コメは非公開扱いです。

コメントは、すべて、
読ませていただいてます!

ドリコム登録はフリーです
マウスをかざすと止まります!
出演番組
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログをはじめて…
最新コメント一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
管理者メニューEX
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ