My Favorite Thing 

★気に入ったモノ・人・出来事の記憶をきままに残したいと思います!★

【嵐にしやがれ】感想①:「MJ企画」は「作りこみ」と「素」のバランスがすごくいい!(2016/10/22)

バイオリニストの高嶋さんと
小説家(として)の又吉さんをゲストに
食べ物系のデスマッチ企画ではなく
芸術の秋企画だったメイン企画と
潤くんの「MJスマート化計画」
という内容だった「嵐にしやがれ」!


メインのデスマッチが
芸術系企画(作曲家&バイオリン、小説)に
変わったことで印象がちょっと違ってたけど
もう一つの「MJスマート化計画」の方は
これまでのイイ〜感じの「MJ」ノリを
場数踏んできたことで一般ロケ企画に
かぶせこれてきてる感じ…かな。

ということで
まずは「MJスマート化計画」について。

  なんだかんだで「MJ企画」は
  いい感じになってくるなぁと


もちろん、
もともとの「MJカッコいい企画」や
「MJ対決企画」の方が面白いんだけど、
この一般人もどきにも広げた「MJスマート化計画」も
それなりにこなれてきてイイ方向かなと。
つまりは、
一瞬手を叩いて笑っちゃう場面が出てきた
ってことで(爆)

っでね、なんで面白いのかというと…


「MJカッコいい企画」
「MJ対決企画」
「MJスマート化計画」


  どの企画も
  潤くんとスタッフの作る『MJ』というキャラが
  ぶれないからだんだよなぁと


それは、
潤くん自身の素の部分の魅力でもあり、
スタッフ含め作りこむ方向性でもあり
かなぁと。

1つ1つ積み上げて
こなれてきた…そんな感じを受けています。

ある意味、
「松本潤」そのものではなく、
「松本潤」が演じている『MJ』という
スタンスで臨んでいる気がして
そこが『作りこめる面白さ』…なんだろうなぁと


「作りこみ」と「素(本人の気質)」との
出し具合のバランスって
バラエティだと微妙なさじ加減があるんだろうけど、
『MJ』キャラはいいバランスだなぁと。
そこがバラエティ班のスタッフとしても
作りこみ甲斐のある対象なんじゃないかと。




スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

松本潤君はいくつになった?
ブログ筆者:kazumie
インフォメーション
アクセス、ありがとう!
コメント、ありがとう!
拍手、ありがとう!
拍手コメは非公開扱いです。

コメントは、すべて、
読ませていただいてます!

ドリコム登録はフリーです
マウスをかざすと止まります!
出演番組
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログをはじめて…
最新コメント一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
管理者メニューEX
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ