My Favorite Thing 

★気に入ったモノ・人・出来事の記憶をきままに残したいと思います!★

スマホの指が止まるほどグッと引き込まれたいドラマ…@フジテレビ批評(2016/7/23)

毎週土曜日早朝にOAされている
「フジテレビ批評」。
潤くんのドラマクールが終わり
7月クールのドラマについて
4月クールと同じメンツで
ドラマ評論、繰り広げてる

まあやっぱり
松本潤が出演してるドラマがないからね!
結構冷静に見てたけど

テレビジョンの編集長代理の人と
その隣に座っていた
日刊スポーツの芸能記者・梅田恵子さんの
言ってることが真逆で
その1点が面白かったなぁ


つまり!
テレビジョンの方は
例の「視聴『熱』」っていう
「つぶやき」がダントツのドラマを
話題のドラマみたいな指摘をしていて
その隣で
日刊スポーツの梅田さんは
「そのドラマが刺さらない」とバッサリ!


一言でいうと

  「ドラマというものの定義が違う」


と言い切ってましたねぇ(笑)

もちろん…




人によってドラマの楽しみ方は違うし、
そもそも「ドラマの定義」なんていうもの
個人的にあまり意識なんてしてないけど、
この「ドラマ批評」の中で
梅田さんが指摘していたことに
私自身はめっちゃ賛同!

梅田さん曰く

  自分としては
  スマホの指が止まるくらいの
  画面にグイと食いついて
  目も離せないくらいの
  すごいものがドラマで見たい


って思っていると。
人それぞれですが…と加えて上で。

逆に「視聴『熱』」というものは
Twitterなどが盛り上がるネタを
5分おきくらいに提供していて、
実際、Twitterの内容をみると
「壁ドン、きたーー」
「腹筋、きゃー!」
というようなつぶやきで
1時間盛り上がるっていことが
成功というのかどうか


これは一理あるよなぁと。

実際、
ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」は
ほんとにテレビ画面から目が離せなくて
CMになってやっと一息入れて
やっとTwitterに触れる。
でも、ドラマ本編に入ると
またTwitterできなくなる…。
その繰り返しだったなぁと


なので、急に企画として出てきた
「視聴『熱』」っていうのが
なんなんだろう?って
感じてますねぇ~。

「視聴『率』」で
ドラマの面白さを判断できない
というのなら
「視聴『熱』」の方が
より意図的に操作できるものですし、
さらにピックアップしているデータも
部分的なので、
「視聴『率』」以上に不確かなもので
「視聴『熱』」っていうものには
さらに信ぴょう性が置けないなぁ

って個人的には感じています。

まあどちらにしても
デジタルちっくにドラマを見るより
もっとアナログ的に
気持ちで楽しめたらいいのになぁ

って思うのは
潤くん主演ドラマがあるなしに関わらず
思うことですかねぇ~。



スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

松本潤君はいくつになった?
ブログ筆者:kazumie
インフォメーション
アクセス、ありがとう!
コメント、ありがとう!
拍手、ありがとう!
拍手コメは非公開扱いです。

コメントは、すべて、
読ませていただいてます!

ドリコム登録はフリーです
マウスをかざすと止まります!
出演番組
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログをはじめて…
最新コメント一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
管理者メニューEX
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ