My Favorite Thing 

★気に入ったモノ・人・出来事の記憶をきままに残したいと思います!★

【99.9-刑事専門弁護士-】#10:①青い炎のような感情の発露に見える怒りと確固たる信念!(2016/6/19)

(とりあえず…シリーズ1の)
最終話が終わった!
ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」第10話
サブタイトルは
「今夜完結!!
 チーム斑目が挑む最後の難事件因縁の宿敵…
 秘めた思い…いざ最終決戦!!」
20分拡大です!


いろいろ、いろいろ感想を
書き留めておきたいのですが…
っていうより、何から書いていいのやら
書き留めておきたいことがいっぱい…
いや、書き留めておきたいことが
何なのかもちょっと今困ってます(爆)
それほどにちょっと放心…状態かなぁ。
でも、書き留めておかないと
どんどん「遅ればせ」になっちゃうので

まずは…一番私が目を見入って
身動きできず息を飲んで見たシーン

  大友検事と深山大翔の対峙シーン
    つまりは
  奥田瑛二と松本潤の対峙シーン


敢えて敬称略で書かせていただきましたが、

  青い炎のような怒り
  押さえた怒り


松本潤の真骨頂だと思います

  目力だけで表現できる表情


本当に素晴らしいなぁ~と感じました。
(これしかボキャブラリがないことが申し訳ない)

そして…


セリフも

----------------------
「なぜ笑ってるんですか?」
から始まり
「正義とか真実とかっていう 
 100人いたら100通り
 考えがあるようなもの
 僕は信じないですよ」
「あんたはその歪んだ正義とやらで
 何人の人生を狂わせるんだよ」
「あなたがあなたの正義というものを
 貫くのであれば
 僕は事実だけを信じて
 あなたの前に立ち続けますよ」

----------------------

初めて!
大翔の過去の経験からくる
「怒りが爆発」した瞬間!
ただ、その「爆発」は
恐ろしいばかりに冷静で
淡々とした言葉で記され
青い炎のようで
だからこそ、その怒りが深く大きいと

こちら側に伝わってきて
本当に見入ってしまいました。

さらにいえば
このシーンの前。
法廷での最後のシーンも

ネットでこう表現されていた方が
いらっしゃって

こういうシーンは往々にして
「クレッシェンド」な演出を
つけたがるが
それをせず押さえた演出にすることにより
より説得力とすごみが増し
ドラマでの特徴を形成していると


私もそう思います。

最終回はこれまでどおり
小ネタとギャグを
いい感じで配置しながら
10回分を通して伝えたかった
・99.9のテーマである「事実」の持つ意味
・深山大翔の過去を通してのえん罪の罪
をきちんと配置した回


になったと思います。


そういえば

大翔の感情って
・10話にわたって子供を見る寂しげな目
・料理の素材に対するこだわり
をうっすら見せながら
一瞬、素が見えたなって思ったのは
深山が被告人になった8話で
かなこが接見の窓を汚した時の言動


これら以外は
ほとんど感情をあらわにせずきたことで
最終話の
この押さえた怒りの表現が
本当に際立って感じたのだと思うと


  このドラマの緻密な計算


が垣間見れたなぁと思います。

そして最後に…

この深山大翔が
大友検事正に対峙して
えん罪について
「あんたはその歪んだ正義とやらで
 何人の人生を狂わせるんだよ」
と口にした瞬間の表情に
ドラマ「スマイル」の『ビト』を
強烈に思い出しました




スポンサーサイト
[ 2016/06/21 00:02 ] 嵐(ドラマ)ゴト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

松本潤君はいくつになった?
ブログ筆者:kazumie
インフォメーション
アクセス、ありがとう!
コメント、ありがとう!
拍手、ありがとう!
拍手コメは非公開扱いです。

コメントは、すべて、
読ませていただいてます!

ドリコム登録はフリーです
マウスをかざすと止まります!
出演番組
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログをはじめて…
最新コメント一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
管理者メニューEX
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ