My Favorite Thing 

★気に入ったモノ・人・出来事の記憶をきままに残したいと思います!★

今のテレビに思うこと@フジテレビ批評(2016/6/4)

6月4日はほぼ1日外出していて
後追いで色々な番組をチェックしたのですが
土曜日朝の「フジテレビ批評」に
元日テレPが出演し
テレビ&フジテレビを切る

みたいな内容だったので見てみた。

内容自体はそんなに過激な内容ではなかったけど、
コメントの中で、興味深い言葉が2つほどあり、
それらは今のドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」にも
言えることかなぁと。

1つは
「テレビの利きが悪くなってきているので
 知らせる手段を多様化する必要がある」


2つめは
「日テレは(結局)ファミリー層を
 ターゲットにする番組作りをしている」


この2点について…



1つめの「テレビの利きと多様化」の話
一番ダイレクトに口にしてた言葉…

  「テレビ番組の番宣を
   テレビでしても届かない」


だから、テレビ以外のメディアで
色々なところに顔を出して露出させないと、
という話になり

「ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」は
もちろん、テレビメディアで
しっかりした番宣番組を作っていて、
そのクォリティも高いですが、
テレビ以外のメディアやアプリを
相当駆使しているなぁって感じます


2つめの「ファミリー層ターゲット」の話は
今は高齢化社会なので上の年齢層は
確かに割合からすると多い。
また逆に、狭いが若い層に刺さる番組作りも
戦略としては悪くはないけど、

  やっぱり「親子まとめてのファミリー層」が
  一番パイ的には大きいので
  この「ファミリー層」に刺されば
  実は数字は大きくとれる、ということ


日テレはなんだかんだいって
「ファミリー層」をターゲットに
とくにバラエティや情報番組を作ってきた、と。

っで、ここでも
「ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」を
想像するに
結構「ファミリー層」に
刺さっているんじゃないかという風に
私の周りでは感じます。
働いているおじさん(男性層)
嵐ファンの多い女性層
そして、
おやじギャグに反応しているらしい子供層。
結構、家族で見ているという声も聞くし

それが数字にも現れているんじゃないかと。

まあ、何が当たるかは
実際のところはやってみないと
わからないので
とにかく「やってみる」という姿勢が大事
っていうようなところに
最終的は帰着した感じでしたが

とにかく、この大変なご時世の中、
とくにドラマを当てていく
っていうのは本当に大変なんだなぁと。

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

松本潤君はいくつになった?
ブログ筆者:kazumie
インフォメーション
アクセス、ありがとう!
コメント、ありがとう!
拍手、ありがとう!
拍手コメは非公開扱いです。

コメントは、すべて、
読ませていただいてます!

ドリコム登録はフリーです
マウスをかざすと止まります!
出演番組
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログをはじめて…
最新コメント一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
管理者メニューEX
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ