My Favorite Thing 

★気に入ったモノ・人・出来事の記憶をきままに残したいと思います!★

【99.9-刑事専門弁護士-】#3:「内容」と「バランス」(2016/5/1)

ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」第3回!
サブタイトルは
「消えた1000万!!空白の15年…母と娘の絆」


内容としては、
榮倉奈々さん演じる
立花彩乃弁護士フューチャの回で
母娘の間の溝と絆メインのストーリー。
でも、これまでどおりに
裏に深い意味があるストーリー。
弁護士の仕事とは
「依頼人の利益」と「事実の追求」
この狭間で何を優先するかっていうこと


そういった「内容」だったが…


「バランス」は過去2回とは
かなり違ったものになっていて

これをどう受け止めるかは
視聴者次第かなぁという風には
思います。

改めて、今回の「内容」は

今回は前回(#2)とは
違ったシチュエーションで
この「依頼人の利益」と「事実の追求」を
どう解決するかが大きなテーマだった。
今回の事件の「事実」は
「やってない(無実)」だけど
早く釈放されるために
「やったことにしてほしい」
というのが「依頼人の希望」。
その狭間で判断を悩むのが
今回の事件で主任を担った彩乃弁護士で、
彼女の成長も織り込んでの内容だった。

内容的には
これまでのテーマを
違った視点で展開させたことで
またテイストの違った形に
まとまっていたと思う


ただし「バランス」的には
個人的にはやや不満な点はあったかなと
感じています。
ここでいう「バランス」というのは
今回は、
弁護士・彩乃と容疑者&依頼人
というシーンが
すごくクローズアップされていて
つまりは、この3人のシーンが
圧倒的に多くて
深山や佐田さんはもちろんのこと
パラリーガルの3人の出演シーンが
すごく少なかったということです。
これだけ多彩で個性的なキャストがいるのに
これらキャストの出演バランスが
すごく偏っている気がしました

ここは、
このドラマの面白い部分でもあるので
もう少しうまく「バランス」を
考えてほしいなとは思いました。
そういった意味は
効果音の付け方もちょっと
さらっとしすぎていた気もするので
もう少しエッヂの効いた形の方が
メリハリがつくかなぁと。

とはいえ、
最後の10秒のシーンは
どきっとしました。
深山大翔の過去が
フラッシュバックし、
最後の最後は
何も見ていないような瞳のクローズアップ


先につながる連ドラとしての
1つの醍醐味が予告されたシーン
だったと期待しています。

第4話は
再び深山VS佐田の
真っ向ぶつかり合いがあるようで
ある意味、そこはこのドラマの幹でもあるので
それを大きな核としての展開を
期待しています。

スポンサーサイト
[ 2016/05/05 00:02 ] 嵐(ドラマ)ゴト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

松本潤君はいくつになった?
ブログ筆者:kazumie
インフォメーション
アクセス、ありがとう!
コメント、ありがとう!
拍手、ありがとう!
拍手コメは非公開扱いです。

コメントは、すべて、
読ませていただいてます!

ドリコム登録はフリーです
マウスをかざすと止まります!
出演番組
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログをはじめて…
最新コメント一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
管理者メニューEX
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ