My Favorite Thing 

★気に入ったモノ・人・出来事の記憶をきままに残したいと思います!★

【99.9-刑事専門弁護士-】#2:「さじ加減」がいい感じ!でも最大なのは「99.9チーム力の伝播」がすごい!(2016/4/24)

※冒頭お詫びを。
 ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」の感想、
 どうしても本編OA後リピートの旅へ
 行ってしまうので1日遅れになってしまい
 申し訳ありません(謝)

ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」
数字的には1つの試金石でもある第2
回。

風間俊介くんがゲスト出演で
正当防衛か計画的殺人かの弁護、
しかも、今回は法廷シーンではなく
「正当防衛」を裏付ける弁護ネタを
洗い出し調べていく中での展開


そこでの1つの見どころは
(見どころ沢山あるんですけど…ね)

事実の解明を追求する深山広翔@潤と
依頼人の利益を優先する佐田@香川さん
とのスタンスの対比


そこに1枚上手な
斑目所長@岸辺一徳さんをのっけて
シーンの重ね合わせが絶妙で
厚みのある回になったと思います


ストーリー的には…


正当防衛を依頼されているのだから、
それを証明すればいいんだろう弁護を
深山@潤の「事実追求」というスタンスで

明らかになる「事実」を
踏まえた上でもなお「正当防衛」を
落としどころにするのか、できるのか。

必ずしも「無罪」を勝ち取るんじゃない
弁護のスタンスも示していて
何が正解かはわからないと思いつつ
ストーリーには引き込まれた感じが
…。

その一方で…

1つのドラマ作品として見た場合、
目の肥えたドラマファンなら
誰が犯人か途中からわかる、
あるいは、トリックやネタあかしの落としどころが
うっすらわかるという作りになっている。

これをヨシとするか稚拙ととるか
人それぞれだと思いますが、

わたし個人は「さじ加減がいいねぇ」
って感じています。

というのも、
このTBSの日曜劇場枠で
ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」を
松本潤主演でやると発表したときの
瀬戸口Pの発言や
完成披露での潤君の発言から
「こういったさじ加減を狙っていた」
ような気がしているからです。

瀬戸口Pは
「実際に弁護士さんをリサーチし
 現実に近いリアルさを追求する一方で、
 日曜の夜、明るく元気になれるような
 エンターテイメントとして作っていきたい」
というようなことをコメントされてて
潤君も
「これまでの日曜劇場のファンの方にも、
 また新たに若い層の方々にも、
 両方楽しんでいただだける自信作です」
と口にしていました


  ある意味の「重厚さ」と
  ある意味の「軽さ」

  ある意味の「難解さ」と
  ある意味の「参加しやすさ」


その『さじ加減』が
今のところいい感じなのかなと思います。

(死語になってますが)茶の間とかで
「あの人がきっと犯人だ」とか
「あれが怪しいよね」とか
そういったことを途中から醸し出させて
それを深山&佐田&彩乃が
証明してくれて「ほらねぇ〜」って
感じられるような作りになっているんではないかと
わたし個人は感じています。

またさらに…

このドラマの作りのすごいなぁと思うところは
「リアルタイム視聴」と「後からのリピート視聴」の
バランスがすごくいい感じだと
…。

たとえば第2回では
風ポン演じる山下の接見のシーンで
依頼人の目の前で
頓珍漢なやりとりを繰り広げる深山と佐田。
おまけに外では深山が
自身のおでこをドアにぶつけて地を流す!
という見ている方は「ええっ?!」って
思うようなリアルタイムで感じる
ビックリ感がある一方で
居酒屋や朝霧コーポレーションの
小ネタシーンやら壁の絵や字は
Twitterなどでも「あれってアレじゃない?」と
語られる内容を
録画した映像でもう一度確認したりして…。

1つのOA内容が
二度三度と面白めるようになっている。
しかも、それらをバックアップする
公式サイト、公式Twitter、公式Instagram、公式Facebook、
さらに、監督や美術、脚本担当スタッフのInstagramなど

本編はもちろんですが
ドラマを多重的に楽しめる仕掛けがあって
視聴者の楽しみ方のバリエーションが多いのも特徴。

結局、今、ドラマをすごく楽しめているのは
何をおいても一番は…

  「99.9のチーム力」と
  それがきちんと伝わってくる「伝播力」


だと思っています。

作る人
支える人
売る人(プロモーションする人)
そして、見る人
誰もがまずは「楽しい」っていう思いがあって、
それを伝えようとするベクトルが1つで、
そのパワーがプラスに働きつつあるのかなぁと
感じています。


私も一視聴者として、
前のめりで楽しんでいきたいと思います。

なお末筆ですが
そんな中でも公式Twitterさんからの言葉には
九州のみなさんに対する配慮の言葉がありました。
なかなか今、『この時に、ということは難しい折、
それでも言葉を発することの大変さと大事さも
感じています。





スポンサーサイト
[ 2016/04/26 00:02 ] 嵐(ドラマ)ゴト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

松本潤君はいくつになった?
ブログ筆者:kazumie
インフォメーション
アクセス、ありがとう!
コメント、ありがとう!
拍手、ありがとう!
拍手コメは非公開扱いです。

コメントは、すべて、
読ませていただいてます!

ドリコム登録はフリーです
マウスをかざすと止まります!
出演番組
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログをはじめて…
最新コメント一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
管理者メニューEX
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ