My Favorite Thing 

★気に入ったモノ・人・出来事の記憶をきままに残したいと思います!★

「嵐にしやがれ」担当Dが語るメンバロケナイショ話@TVLIFE

2015年4月11日OA分から
大幅リニューアルをしてからの「嵐にしやがれ」

→「感想�:リニューアル版は原点回帰…かな?(2015/4/11)」はこちら

5人同時の企画は
「嵐カレンダー」から「クイズバトル」に
若干内容の変更はあったものの(ここの要素もデカイけど)
『嵐』メンバ5人の企画は
ベースになる最初のコンセプトは維持しつつ、
やりながら拡大強化してきていている感じで、
雑誌「TVLIFE」の、3回の連載にて、
担当D(ディレクタ)のコメントを中心に
総括しているページが面白かったです


雑誌の発売日によって
掲載されているOA回数は若干違うので
本日(3月14日)時点での
『嵐』メンバ個々の企画OA回数は次のとおり。
※敬称略
◆大野智の「作ってみよう」   :15回
◆櫻井翔の「お忍び旅行」    :16回
◆相葉雅紀の「代行調査」    :18回
◆二宮和也の「小っちゃな野望」 :14回
◆松本潤の「This is MJ」     :16回


(個人的には回数自体あまり気にならないのですが
 中には気にされる方もいらっしゃるので)
メンバ企画の回数自体は
そんなに差のあるものではなく
概ねフラットと見ていいのではないでしょうか?
若干相葉ちゃんのが多いかな…くらいの感じは
個人的にが誤差だと思いますが(爆)

また…




担当されている(今回コメントをいただいた)Dは…
※敬称略
◆大野智  :前川瞳美(日テレ)
◆櫻井翔  :川口信洋(日テレ)
◆相葉雅紀 :那須太輔(日テレ)
◆二宮和也 :石崎史郎(日テレ)
◆松本潤  :尾之上祐太(モスキート


それぞれのD(ディレクタ)さんが
それぞれのメンバに
愛情というか、敬愛というか、
仕事をする仲間というか
当たり前ですが、
それぞれのメンバの個性を
どういかして面白くするかを
考えてくれている言葉が続きます。

個人的には
「ニノの企画」と「潤君の企画」が
好みなので、
そこは深掘りして読み込んじゃいますねぇ〜。

中でも(ファンですから…笑)
やっぱり「松本潤のThis is MJ」!
尾之上Dはちょこちょこ画面にも現れますし、
同じ雑誌「TVLIFE」の年末号で
「This is MJ」について語ってくれていました。
→「This is MJ」は"MJ"にしかできない企画です!@TVLIFE(2015/12)」はこちら

今号の「TVLIFE」では
約1年間(約16回)の「This is MJ」を総括する形で、
かつ、次のクールに考えている内容についても
若干語ってくれています。

  s-Point Blur_20160314_224532


◆企画主旨

 MJがひたすらカッコイイを追求していく企画
  ⇒「MJ」というキャラ設定だからできる企画
  ⇒「柵ピョン」をはじめ生産性のない企画は
   「MJ」だからこそできる企画
  ⇒最近はキャラなのか松本潤本人なのか(笑)

◆収録(ロケ)での特徴

  ⇒まさに「MJ」は『ディレクター』『制作サイド』
  ⇒「MJ」がいると現場がスムースに進む
  ⇒「MJ」が引っ掛かりを覚える台本の箇所は
   スタッフが呼び出しされて台本修正。
   結局、修正版の方がうまくいく。
  ⇒「MJ」が照明やカメラの撮り方もアドバイス。
   カメラ撮りの合図も時に「MJ」
  ⇒「MJ」のコメントには人を動かす力がある。
   それは、ロケ先や生産者のこともすごく調べてくる。
   カメラが回ってないところでも色々話を聞くから。

◆MJチーム(MJ班)の雰囲気
  ⇒うちのチームはみんなMJが大好き
  ⇒ロケ先では、MJがもつギャップに
    奥様もおじさまも惚れてしまう。

◆企画内容
  今は、当初の「かっこよく○○しやがれ」
  プラス、「カッコイイ男対決シリーズ」と
  加えて、「一言シリーズ=うんちくシリーズ」

◆今後の検討企画内容
  ⇒1年たった今のMJポテンシャルチェック
    (MJをもっと知る、深掘り企画)
  ⇒「MJ」じゃない『新キャラ』の登場

なんか「This is MJ」企画は
(個人的には松本潤ファンとしては
 MJというネーミングはちょっと色々と
 思うところがあるのですが…苦笑)

ただ、企画自体は
すごくうまくいってる企画なんじゃないかと
個人的には思っています。

松本潤なんだけど
松本潤じゃない、
『MJ』という「キャラクタ」を前提に
その一部フィクションである『MJ』に
いろんなことをやらせて
いろんな意味でのギャップ魅せもさせつつ、
最終的には「やっぱカッコイイよね」
っていうところに着地させる!


これが『企画の核』として
しっかり存在し、ぶれないから
枝葉の脚色を加えても
面白さもぶれない!

「ポテンシャルチェック」も
その延長線上で面白そうだなぁ
って期待が膨らむし…。

まあ、その一方で…
『MJ』じゃない「新キャラ」が…
楽しみでもあり、心配(?)でもあり
いい意味で戦々恐々…ですね。
つまりは…やっぱり楽しみ!
素の松本潤自身が
「Enjoy」の塊でエンタテイナーだと
思っているので
…。
まあ無理だけはしないように…くらいかな。
スポンサーサイト
[ 2016/03/15 00:02 ] 嵐(雑誌/新聞)ゴト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

松本潤君はいくつになった?
ブログ筆者:kazumie
インフォメーション
アクセス、ありがとう!
コメント、ありがとう!
拍手、ありがとう!
拍手コメは非公開扱いです。

コメントは、すべて、
読ませていただいてます!

ドリコム登録はフリーです
マウスをかざすと止まります!
出演番組
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログをはじめて…
最新コメント一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
管理者メニューEX
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ