My Favorite Thing 

★気に入ったモノ・人・出来事の記憶をきままに残したいと思います!★

中村七之助と松本潤は『心友』@家庭画報

「家庭画報」の公式Twitterで
七之助くんの連載で
潤君との話をしていると
何度となく予告つぶやきを
してくれていたので
発売日にしっかり購入しました!

家庭画報の七之助くんの連載

  s-20160306_171208.jpg

買って即、カフェによって読んで
ちょっとした感慨にふけりましたが、
いろいろとあって記事は今になりました!

そんな中、
この「家庭画報」の記事を
書いてくださったライターの「山本シモン」さんが
Twitterのやりとりの中で
表現してくれた言葉!
それが

  七之助と松本潤の2人は
  まちがいなく『心友』


という言葉。
「親友」ではなく
(私の解釈では)
それを越えた究極の「親友」が
『心友』なんじゃないかと。

→「山下シモンさんのTwitter」はこちら

「取材している時から、
 こんなにレアなエピソードを語ってくださってと、
 ワクワクしながら聞きました。…
 二人は、本物の心友だと思いますよ」


そういえば…


「家庭画報」発売から
記事を書いている今日までの間で
番組「波乱万丈」に出演していた
七之助くんから
去年の自身の誕生日会のことも
語られてましたね!
なに?なに?(笑)
潤君が七くんはじめ
集まったみんなに
パスタ?カッペリーニを
手料理で作って振るまったって??

(どこへ行ったら、それ食べれますかぁ〜?笑)

さて、「家庭画報」の記事にもどって…

七之助くんが語る潤君

・あいつ(潤)が輝きながら
 活躍しているのをずっと観ることができるから
 あいつがどうすれば
 もっと光り輝いて面白くなるか
 っていうことを
 僕は常にアドバイスしていきたい。
 あいつもそんな風に考えてくれていると思う


・(期末試験のときなどのエピから)
 潤はやりたくないだけで
 本当はできる


潤には演出の才能もある
(あれだけの)スケールでの演出ができる
 日本では数少ない人材だと思う。


思ったことは
どんだけキザな言葉でも
平気で口にできる七くん(※番組「波乱万丈」より)
これまでのエピとかから推察するに
逆に、思ってもいないことは
絶対口にしないであろう七くん。
そんな七くんが口にする潤君への言葉は
真実なんだろうと私は思う。

  gahou.jpg


共通の友人のために
「いい子だよ」と女の子を進め
無事彼女になったとしれば
友達こぞって感動しちゃって
深夜→朝方までワイワイしている
七君&潤君含めての放課後男子たち。
そして朝方、七くんの前でぼそっと
「友達っていいよな」って
口にできちゃう潤君


なんか、ふつーの男子のようで
「芸の道」と「人気商売」を
背負う者同士でしかわからない
ある意味、特殊な世界で生きる2人が
『心友』となっていられること、
自分のことじゃないのに、
じーんとしてしまって…。

「嵐は日本屈指のアイドルになりました。
 けれど、僕らの関係は何らかわりません」

「同じ舞台に立つ人間として
 共通の話ができるという意味でも
 僕にとって本当に
 ほかにはいない大切な存在です」


ボキャブラリ貧困で申し訳ないけど
単純に、シンプルに…

  いいなぁ〜


って思います。

結局、その彼女とは別れてしまった
っていうオチまで含めて
いとをかし!…ですよね。

スポンサーサイト
[ 2016/03/09 00:02 ] 嵐(雑誌/新聞)ゴト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

松本潤君はいくつになった?
ブログ筆者:kazumie
インフォメーション
アクセス、ありがとう!
コメント、ありがとう!
拍手、ありがとう!
拍手コメは非公開扱いです。

コメントは、すべて、
読ませていただいてます!

ドリコム登録はフリーです
マウスをかざすと止まります!
出演番組
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログをはじめて…
最新コメント一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
管理者メニューEX
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ