My Favorite Thing 

★気に入ったモノ・人・出来事の記憶をきままに残したいと思います!★

感想②:NHK「新春テレビ放談2016」を見て…思うこと「日テレとフジ」

先日の「嵐にしやがれ」の「This is Mj」企画について、
まずはちょっとこの時点で残しておきたいことを
記事として書かせていただいたんですが
→「感想①:MJ企画は秀逸…でも、ここらレベルでギリギリだよ!」はこちら

書き終わって改めて読んでみて、
後追いでふと気づいたことがありました。
それは、
「あれっ?ここに書き留めた内容、
 もしかしたら、お正月NHKでOAされた
 『テレビ放談2016』の内容に
 無意識に感化されたのかぁ?私…」
っていうことで。

っていうのも、

  その『新春テレビ放談2016』の中で
  やたらに「日テレとフジ」の違い


みたいなものを
テロップ表示してまで
熱く語られてたんですよねぇ〜。
(っていうか、ここ2,3年は、
 フジの低迷に対する意見や感想が
 かなり話されてましたが…苦笑)
→「感想①:NHK「新春テレビ放談2016」を見て…思うこと」はこちら

っで、そこで語られてた
「日テレとフジの違い」なんですが…




テロップにはこんな感じに。

  shinshun.jpg

そもそもは、
「バラエティ番組」作りのスタンスの違い
みたいなものを語ってた場面なんですが
日テレの「イッテQ」は
今最高の演出編集スタッフだっていう流れから

日テレは「演出>出演者」だけど
フジは「演出<出演者」だと


つまり、ヒロミさんが語ってた内容を例に出すと
ヒロミさんはひたすら家(?)を作っているだけ、
ヒロミさん自身としては、
「これだけでいいの?」って気になって
スタッフに「ほんとに、この映像だけで面白いのか?」
って何度も聞くらしいんだけど
スタッフは「いいでんす!それで面白いんです」
って言うらしい。
それに比べて、ヒャダインさんがコメントしてたのは
「今、ネットの中ではフジって嫌われてるじゃないですか?」
って切り出して
「なので、ネットの声やらスポンサーの声やら、
 とにかくいろんな声を聞きすぎて、
 気にしすぎてがんじがらめになってる感じ」
きっと、その声の中には「出演者」自身の声もあって
たぶん「「演出<出演者」っていう
テロップの言葉になってるのかもしれないけれど…。

っで、改めて先日の「嵐にしやがれ」について、
私自身も記事として書きましたが、
スタッフ自身が面白いって思うものを作ってる
っていう感は強いかなぁと。
それは、視聴者を無視してるっていうことではなく…ね。

そういった意味では、
「嵐にしやがれ」、とくに「This is MJ」は
成功しつつあるのかなぁって思ったりもしていますが、
でも、やり過ぎはいかん!と
すこし釘を刺したくもなるスタンス…ある意味
ファンとしては「危険性」もはらんでるので
いい〜あんばいの線で
うま〜くやっていってもらいたいなぁと

録画した「テレビ放談」を見返しつつ、
でもやっぱり先日の「This is Mj」をリピして
癒されるわぁ〜(幸)



スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

松本潤君はいくつになった?
ブログ筆者:kazumie
インフォメーション
アクセス、ありがとう!
コメント、ありがとう!
拍手、ありがとう!
拍手コメは非公開扱いです。

コメントは、すべて、
読ませていただいてます!

ドリコム登録はフリーです
マウスをかざすと止まります!
出演番組
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログをはじめて…
最新コメント一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
管理者メニューEX
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ