My Favorite Thing 

★気に入ったモノ・人・出来事の記憶をきままに残したいと思います!★

【宮城BLAST】感想④:またここでライヴがあったら来たいと思います!

2015年9月19日〜24日まで、
「嵐BLAST in 宮城(以下、宮城BLAST)」


もう2週間が経って、
次の『ジャポニズムツアー』モードに
入りつつありますが、

10月11日に
「宮城BLAST」における「合唱」メインの
特別番組があるので

その前に、あと1つ2つは書き残しておきたいと
遅ればせながら感満載ですが、
もう少し記事を書かせていただきます!

これまでに書き留めた記事は下記のとおり。

→「感想①:19日〜24日まですべてが楽しく幸せでした!!」はこちら
→「感想②:『鎮魂』の空には月と星!」はこちら
→「感想③:『信頼』が溢れている松本潤の言動には『愛』と『責任』が見える!」はこちら


今回は直後の記事にも
一端は書かせていただきましたが

  仙台、宮城のみなさまへの感謝


です。

正直…


仙台自体は仕事で出張に行ったことはあったし、
映画「陽だまりの彼女」の宮城挨拶の時に
映画館を訪れてちょっと予想していたところは
あったのですが、
それでも、ネットなどでの事前の触れ込みで
「ひとめぼれスタジアム」へのアクセスは
相当な厳しさと若干、おそれていました
(爆)

道は大渋滞、
歩いたとしても山道で
一部の人は事前に軽く登山の装備、
行きはまだしも帰りは何時に戻ってこれるか
最寄りのコンビニでは飲み物は売り切れるだろうから
持参しないとまずいとか…
直前のミスチルのコンサートからの情報も入り、
私自身も、結構な覚悟と事前準備をして
宮城BLASTに向かいました。
正直、ハワイBLASTにも行った身としては、

  「ハワイより遠い国内の宮城」


って感じでした、行くまでは。

ですが、現地に入ってみれば…

とにかく、現地=宮城の方々の
様々な対応の質の高さと
気遣いの細やかさ


「感謝」しかないなぁ〜

と実感です。

もちろん、細かく見ていけば、
必ずしもウエルカムじゃない方々も
いらっしゃると思うのですが、
「スタジアム」での運営スタッフの方々、
復興市場のお店の方々、
そして、何より、
本当に多くの現地ボランティアの方々、
本当にお世話になりました。
そして、本当にありがとうございました

(こんなしがないブログで言っても仕方ないですが
 それでも書き留めておきたいと…)
4日間のコンサート期間中、
1日単位で運営を改善されていました。
ゲートの並び方やさばき方、
お手洗いの案内等々、
細かく修正されて改善していただきました。

さらに加えて、
宮城の警察関係者の方々にも
本当に感謝です

私自身は、中日の1日を含めて5日間、
タクシーを予約させていただいていたのですが、
マイカーの規制強化や、
何より、信号を手導でコントロール、
目視しながら信号の赤青の時間を
調整してくださっていました。

今回、改めて、
宮城はじめ現地の方々の
ご支援とご尽力があってこその
「宮城BLAST」だなぁと
素直に強く感じました


それは、「ハワイBLAST」の時も
そうったなぁと思い出します。

今回、事情がいろいろあって
来たくても来れなかった方々が
多くいらっしゃると思います。
そういった方々には
ちょっと申し訳ない言い方になってしまいますが(謝)

やっぱり現地に来ないと
わからないことがあって、
現地に来たからこそ感じられる何か
というものがあるなぁと思います。

それは、
コンサート自体の内容もだし、
そのコンサートを取り巻く
様々な環境は状況も含めて…。

今だに時々、
実際にコンサートに参加されていない方が
コンサートのセットリストについて
様々語らていますが、
それ自体は一つの意見としてはありだとは思っていますが、
その一方で、
曲名だけを羅列した文字のリストとは
まったく違う感じ方や楽しさが
現地には確実にあることも確かなわけで、
私個人は、
現地で感じられる感覚の方に
より価値と重要性を感じます。

何度か書いていますが、
昔から、これはほんとに
2年目くらいからかな。
『嵐』のコンサートは
「メッセージ性が強い」。
選ばれる曲も
そのコンサートのコンセプトやメッセージ性に
合った曲を選び、
それに合った演出をしていく。
そのたゆまない努力の賜物だからこそ、
楽しいだけじゃなく、感動したり
時にグッときたり、涙したりするコンサートに
なっているんだと思っています


これだけ当たらないと
ライヴビューイングやDVD&BDで
補わざるを得ないし、
その必要性も理解していますが、
その一方で、
やはり、コンサートはライヴ。
今回のように、
ライヴそのものはもちろんだけど、
ライヴ会場やその周りの地、
さらに、そこで手伝ってくれてる人、
もっといえば、
今回の「宮城BLAST」でより感じた
その地で見上げる空や月や星。
それらを、その場で体感してこそ
感じられるものは確実にあり、
それを尊重してさまざま語るべきなのではないかと

めずらしく「べき論」を述べてみました(笑)

末筆になりましたが再度…

今回の「宮城BLAST」にて
お世話になりましたすべての方々に
本当にありがとうございました。
想定していた現地でのストレスは
ほぼ杞憂に終わり
毎日を快適に過ごさせていただきました。
またこの地でライヴがある際は、
ちょっとだけ(笑)覚悟して
また来ます。来たいと思います。


スポンサーサイト
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/10/10 08:45 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/10/10 09:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

松本潤君はいくつになった?
ブログ筆者:kazumie
インフォメーション
アクセス、ありがとう!
コメント、ありがとう!
拍手、ありがとう!
拍手コメは非公開扱いです。

コメントは、すべて、
読ませていただいてます!

ドリコム登録はフリーです
マウスをかざすと止まります!
出演番組
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログをはじめて…
最新コメント一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
管理者メニューEX
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ