My Favorite Thing 

★気に入ったモノ・人・出来事の記憶をきままに残したいと思います!★

日経エンタテイメント①:「♪Love so sweet」は『嵐』大ブレイクを決定づけた「メジャー化の原点」!

雑誌「日経エンタテイメント」
ワクワク学校&仙台BLASTライヴを控えた時点で
櫻井翔君のインタビューが掲載されています。
立ち読みチェックですまそうと思ったのですが
他にも色々興味深い記事もあったので
今回は買ってみました(爆)

なので一部、書き残しておこうと思うのですが、

まずは!

  キリン『午後の紅茶』のBGMへの
  「♪Love so sweet」起用!!


    s-20150604_221244.jpg

「日経エンタテイメント」には
その起用理由が明記されており
個人的な記憶&感覚と一致して
嬉しい内容でした!

  「♪Love so sweet」は
  2007年、ドラマ『花より男子2』の
  主題歌であり、
  『嵐』大ブレイクを決定づけた
  「メジャー化の原点」といえる曲!


この曲が2015年!

CM曲として採用された理由は…




1つは「思い出の想起」

CMに起用された女性タレントさんたちが
小中学生で紅茶を飲み始めた頃。
その思い出を大切にしながら
20代になった現在に至るまで
長く寄り添ってきた「紅茶」という世界観!


もう1つは「メジャー感」

30周年を迎える『午後の紅茶』の
商品の「メジャー感を演出する」ために
求められた曲の条件
◆国民の誰もが知っている曲
◆高揚感のある曲
◆少し歴史のある曲
◆何年経っても色あせない曲


この条件を十分満たし

  洋楽邦楽問わず100以上の候補曲から
  選ばれた曲が「♪Love so sweet」!


すごく誇らしいです!!

s-20150604_220526.jpg


「♪Love so sweet」という曲は
数字からしても浸透率がよくわかります


シングルCDの認知度を測る数値的な視点としては
下記の要素を総合的に見ていく必要があると思います。
・初動枚数(発売1週目の総数)
・累計枚数(発売〜今に至る総数)
・2週目以降の売上率
・売上100位以内の存続回数


この4つの観点において
高い数値をあげているのが
次の3つの楽曲。

  「♪A・RA・SHI」
  「♪Love so sweet」
  「♪One Love」


→「嵐のシングルCD売上数の推移(2012/03/13付)」はこちら

気持ちや定性的な要素も大事ですが、
数字をきちんと出せば
おのずと「認知度」の裏付けは
されるものと思います。



スポンサーサイト
[ 2015/06/05 00:02 ] 嵐(雑誌/新聞)ゴト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

松本潤君はいくつになった?
ブログ筆者:kazumie
インフォメーション
アクセス、ありがとう!
コメント、ありがとう!
拍手、ありがとう!
拍手コメは非公開扱いです。

コメントは、すべて、
読ませていただいてます!

ドリコム登録はフリーです
マウスをかざすと止まります!
出演番組
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログをはじめて…
最新コメント一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
管理者メニューEX
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ