My Favorite Thing 

★気に入ったモノ・人・出来事の記憶をきままに残したいと思います!★

『嵐』のライヴイベントに…改めて思うこと!

ワクワク2015のエントリをしながら
改めて整理しておこうかと!

『嵐』はコンサートも含めて
ライヴ形式のイベントは
デビュー当時から
いくつか展開してきました

フィルムフェスタや握手会や…。
コンサートも
デビュー直後は夏冬2回やっていたり
番組と連動した内容だったり…。

そして今、現在
(若干、過去のものも含めると)
ざっくり、こんな感じかなぁ~。
(あくまで個人的なまとめです)

①オリジナルアルバムツアー
②アラフェス
③ワクワク学校
④BLASTコン
⑤カウコン
(ジャニーズカウントダウン)
⑥企業連携イベント(ハウス、C1000など)

そして…




それぞれをどの会場でやるか
ドームだったり、アリーナだったり、
改修中の国立競技場だったり、
今後はスタジアム級だったり
あるいは、
企業連携イベントは
過去にはZeppなどのライヴハウスや
いまはなき厚生年金会館とかでも

やったことがありましたねぇ~。

また大きな所としては、
『海外』ということも
アジアの各地でやってきた実績もあり


今後、そういったことも気になるところです。

こういった中…
わかりやすいところでいけば

④のカウコンは
『嵐』が紅白の司会を担当することになってからは
事実上、参加は難しくなりましたね。
⑤の企業連携イベントも
デビューから間もないピノとの連携から始まり
C1000イベント、そして
ハウス連携のディズニーシーイベント。
結局、10周年くらいまでが
規模的にもギリギリだったのかなぁ~と。

なので…

結果、今現在のライヴ形式のイベントは…

①オリジナルアルバムツアー
②アラフェス
③ワクワク学校
④BLASTコン


この4種類。

正直、色々な状況で
今現在、実施がかなわないものもありますが、
この4種類を、
それぞれ色彩の違うイベントとして
有しているというのはスゴイなと

思っています。

それぞれについて思うことをいくつか。

①オリジナルアルバムツアー

 ⇒ここ2,3年くらいで、
  「アルバム」主体のツアーに
  戻ってきて嬉しい。

 ⇒逆に2011年~2012年‫くらいまで
  「アルバム」感が薄くなったのは…
  忘れちゃいけない!
  東日本大震災の影響だと私は思う

  定番曲多めにして元気と明るさをメインに
  コンサートを考えていたことは
  アルバムについているインタビューでも
  読み取ることができる。

 ⇒もう1つ、ここ2,3年、
  「アルバム」主体のツアーを
  展開できるようになった大きな要因は
  『アラフェス』の存在だと思う

  国立での最初の4年間は
  『アラフェス』ではなく
  国立コンサートという位置づけであり、
  「5×10」という位置づけでしたが、
  5年目から『アラフェス』となり
  結果、定番はそちらに任せて
  改めて「アルバム」主体に組めるように
  なったと考えている。



②アラフェス

 ⇒いわずもがなの
  ファンのアンケート投票を主体にした
  (ここまでのところは)国立競技場での
  コンサート。

 ⇒ただし、
  国立競技場でのコンサートは
  最初の4回分は、
  通常のアルバムツアーであり、
  10周年の大きなお祝いの場所だったため
  『アラフェス@国立』は
  2013年からの2回のみ

  (その後は国立競技場改修年へ)

 ⇒正直、昔の曲を投票しても
  2年続けて最新の曲と同じ曲が
  投票結果としてなってしまうのは
  今の投票形式とファン層からしたら
  仕方ないかもとは思う

  (年代別の楽曲投票とかにしないと…かな)

 ⇒結果として、国立最後の2年間に
  2回の『アラフェス』。
  今後、場所が変わってもやっていくかどうか…。



③ワクワク学校

 ⇒いわずもがなの
  最初は2011年、震災の年。
  本当は東京ドームでのライヴツアーだったが
  時期的なものも含めて
  電力を抑えてのイベント開催に切り替えたもの


 ⇒そのままの形を継続。
  感覚的には、親子向け、若年層向けに
  じっくりと企画を提供するイベントに定着。

 ⇒2014年からは学校から合宿(キャンプ)みたいな
  空気感になり、より娯楽性が増したかもしれない。



④BLASTコン

 ⇒これもいわずもがなだが
  きっかけは
  「ハワイ」15周年記念ライヴと企画


 ⇒ちなみに「BLAST」とは「一陣の風」という意味。

 ⇒曲的には、ハワイは15周年記念だったので
  定番曲やシングル曲メイン。
  今後、どうなるか(それはコンセプト次第か)
  
 ⇒(個人的なハワイでの感覚だが)
  ライヴ会場の外に、出店や企画ブースが立ち、
  当地の食べ物や飲み物を楽しめたり、
  簡易椅子などがあるテントも用意されたりと
  ライヴ以外の様々なイベントが催されている


 ⇒(個人的な感覚では)
  ライヴ&周辺イベント=エンタテイメント会場
  としてのコンセプトを「BLAST」ブランドとして
  成立させようとしているのかな、と。


さてさて…

これら①②③④を
1年通じて展開するのは
その企画や準備を考えると
かなり難しいのではないかとも

思ったりします。
今は、国立競技場の事情もあり、
②は実質動いていませんが。

少なくとも、
①の「オリジナルアルバムツアー」は
残るとは思いますが

今後、どうしていくのか…。



スポンサーサイト
[ 2015/05/17 00:02 ] 嵐(思うこと)ゴト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

松本潤君はいくつになった?
ブログ筆者:kazumie
インフォメーション
アクセス、ありがとう!
コメント、ありがとう!
拍手、ありがとう!
拍手コメは非公開扱いです。

コメントは、すべて、
読ませていただいてます!

ドリコム登録はフリーです
マウスをかざすと止まります!
出演番組
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログをはじめて…
最新コメント一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
管理者メニューEX
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ