My Favorite Thing 

★気に入ったモノ・人・出来事の記憶をきままに残したいと思います!★

【VS嵐】感想②:MMDAは実は………(2015/4/30)

第4回MMDAだった「VS嵐」

このMMDAを決めるにあたり
『嵐』5人のそれぞれの好プレー&ダメプレーが
映像で紹介され、
5人でワイワイけんけん(笑)しながら
最終的に各自自でMMDAを決める、
そういったやり方で1人を選出するわけですが、

  MMDAは翔君


ということになりました。

その選出にあたって、
まずは潤君の好プレーの「クリフクライム」については
一度自分なりに検証しておこうと記事として
まとめさせていただきましたが
→「2014年度MMDA①:まずは…クリフクライムの状況を数字で見てみた!」はこちら

実は…



  今回のMMDAは
  潤君かと思っていました


事前に、TV誌なども
細かくチェックしていませんでしたから
翔君とうすうすわかっていた方もいらっしゃったと
Twitterなどで後追いで見かけて
そうだったのか…とも思ったのも実際のところで…(苦笑)

まあ番組冒頭
なんとなくフリもあったように、
第1回MMDA:翔君
第2回MMDA:大野君
第3回MMDA:相葉ちゃん&ニノ

ときていましたし、
単純に、順番的に潤君でも構わないし
…というところもありましたが
(まあ、潤君、お肌が弱いので
 そこんとこだけは気を付けてあげてね…
 っていうことくらいは思いましたが)

それよりもなによりも…

私の個人的な印象として

  ①カーリングの反則技
  ②フリスビーのふがいない投げ
  ③キッキングスナイパーの貢献度


これらの内容で
「潤君、MMDAかなぁ~」って
ほんとに思っていたところもあって…。

①②は
潤君のダメプレー映像にあがっていましたが、
①の「あんな反則技ありえない」のコメントどおり、
②の「あまりの下手っぷり」で
決定的になるかなぁ~と。


ただ、まあ実際のところはわかりませんが、

①は「エンタテイメント」っていう言い訳を
相葉ちゃんが加担したこと

さらにいえば、
あの反則技で乗せたストーンの得点は
無効になったという状況でしたし、
うまくすり抜けられたのかなぁ~と。

②は、逆に言えば
あまりの下手さに「練習して再トライ」

っていう流れしか応えようがなかったのだろうか、
さらにいえば、
実は、あの回、続く競技、
カーリングとキッキングで
それなりに点数としては挽回してるので
それですり抜けられたのかな~と。

ただ、私個人が案外意外だったのは
③の「キッキングスナイパー」で…。
私の印象では、
潤君の「空振りっぷり」
「当たらず回転してる風景」が
すごく印象的で、
ここもダメプレーに入ってくると

思っていたんですよねぇ。

そしたら…映し出された結果は逆で
「好プレー」の方に
「キッキングスナイパー」が入っていて
正直「ええぇ?!そうなの?」
っていう感じでちと驚きました。
う~ん、ここぞ!っていう時には
案外外してる感じ(爆)
って思っていたので…。


結局、今回のMMDAは翔君という結果になりましたが、
翔君の「6冠」っていうのも
映像が流れるたびに、
こちらにも「えぇ~?!」って驚いた感じで…。
たとえば、
「コロコロバイキング」での総得点が少ない
っていうのも
もともと翔君、最後のオレンジゾーンを担当する回数が
少なった気がするので、どうなのかなぁ
という印象でもありましたし…。
(実は潤君も少なかった印象でしたので)
なので、データから見ての
明らかな「好プレー」がなかった(?)ことの
ある意味、逆フォロー的な「6冠」見せ…
だったのでしょうか?
(この点については、翔君ファンに
 聞いてみたい気がします)

まあ、今回が「MMDA」の回でしたので、
「MMDA」自体について
ちょっと深堀した記事を書いてしまいましたが、

でも最終的には
バラエティ番組としての(いわゆる)ノリで
楽しんでみるのがいいと思ってはいますが…。
(っと、それで最後むりやりまとめてしまいますが…謝)




スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

松本潤君はいくつになった?
ブログ筆者:kazumie
インフォメーション
アクセス、ありがとう!
コメント、ありがとう!
拍手、ありがとう!
拍手コメは非公開扱いです。

コメントは、すべて、
読ませていただいてます!

ドリコム登録はフリーです
マウスをかざすと止まります!
出演番組
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログをはじめて…
最新コメント一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
管理者メニューEX
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ