My Favorite Thing 

★気に入ったモノ・人・出来事の記憶をきままに残したいと思います!★

感想③:『♪Sakura』人と技術が融合して魅せる可能性へのチャレンジ@嵐にしやがれ(2015/2/28)

2月25日発売の
2015年第1弾シングル「♪Sakura」

すでに、
Mステ1(2/20)→Mステ2(2/27)→嵐にしやがれ(2/28)
と3回にわたってテレビでの歌披露。

全体としての総括的な感想は下記に、
→「『♪Sakura』3連チャンの総括!@Mステ&嵐にしやがれ」はこちら

Mステでの2回の披露については次の記事に書かせていただきました。
→「感想①:『♪Sakura』初披露の桜演出は圧巻!ダンスも圧巻!@Mステ」はこちら
→「感想②:『♪Sakura』多彩なフォーメーションに個々の表現力の高さ@Mステ」はこちら


そして一連の歌披露の最後は
『嵐』冠番組「嵐にしやがれ」

そこで魅せてもらったのは

  「ライゾマティクス」との連携
  「人」と「技術」の融合で魅せる
  新たな「♪Sakura」へのチャレンジ


私はすごく前向きに
その「披露」を楽しみました。
いや、前のめり、って感じかな


っていうか…




『嵐』というグループは
私自身が勝手ながら思うことの1つは

  「アナログ」な魅力が
  すごく強いグループ


だと思っています。
俗に言えば
「人間くさい」というか
「わちゃわちゃ」というか


でも、そんな魅力を維持しつつ
その一方で

  新たな技術を取り入れて
  新たなステージへチャレンジし
  新たな魅力を提示し続け
  前へ前へと進んでくれること


もちろん、
「新たな」ものは
最初は違和感だったり反発だったり
そういったものも生むかもしれないけど、
私自身にとっては、
「挑戦し続けてくれる」こと
それ自体が魅力です



  「ライゾマティクス」


近場では
Perfumeの演出で有名ですが、
『嵐』と初めて組んだのは
2012年の「紅白歌合戦。
「リアルタイムARシステム」での演出」

→「2012年大晦日、Perfume&嵐の舞台裏! 」はこちら


2回のMステでは
『嵐』メンバが
その体で表現するダンスと楽曲で
魅せてくれましたが
今回の「嵐にしやがれ」では
デジタル技術とライティングで
近未来的で、グラフィカルな感覚の
新しい「♪Sakura」が見られたと

私個人は感じています。

『嵐』自身は黒と白。
モノトーンでシンプルに。
だからこそ、
怪しげな(?)ライティングに
ホログラフィック映像での演出。
ほんとに「革新的な」取り組み


これからも
アナログ嵐とデジタル嵐。
いろんな意味で
いっぱい魅せてもらえたら

私はファンとして嬉しい!




スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

松本潤君はいくつになった?
ブログ筆者:kazumie
インフォメーション
アクセス、ありがとう!
コメント、ありがとう!
拍手、ありがとう!
拍手コメは非公開扱いです。

コメントは、すべて、
読ませていただいてます!

ドリコム登録はフリーです
マウスをかざすと止まります!
出演番組
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログをはじめて…
最新コメント一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
管理者メニューEX
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ