My Favorite Thing 

★気に入ったモノ・人・出来事の記憶をきままに残したいと思います!★

【つぶやき】「需要」と「供給」のバランスが崩れてる中では「本物」が生き残る@ワイドナショー(2015/2/15)

日曜の昼間OAされてる「ワイドナショー」
日頃ひっかかってるようなことを
表で取り上げてトークしてくれるので
結構楽しんで見てます。

つい先日取り上げられたテーマの1つ。
それは「リズム芸人」について。
要は「♪ラッスンゴレライ」や「♪あったかいんだから~」
で今すごく話題になってる芸人さんについて。

っで、松本人志さんたちが語っていたことが
ちょっと脳裏に残りましたねぇ。

基本、こうやって話題になることはいいことだ
っていう前置きをした上でのコメントなんですが、
タイトルにあるとおり

今の時代、
「需要」と「供給」のバランスが
すごく崩れてるから
これからが大変だろうと


もっといえば

「需要」のスピードが極端に早く、
「供給」が追いつかない中で
生き残っていくのは大変だと


このことは「芸人」さんだけじゃなく、
『嵐』はもちろん、
芸能界で生きていく人たち全員に
言えることだなぁ~と思いながら
見ていました。

もうちょっと補足すると…




今の時代、
録画デッキなどが行き渡り、
視聴者は何度も何度も繰り返して見る

人によっては
コマ送りやスロー再生で
(必要以上に重箱の隅をつつきながら
 無意味なほどの指摘をしながら)
繰り返し繰り返し見る。
一方、ネットの世界では
YouTubeで動画が
何度も何度も再生される

それこそ短期間の間に、
繰り返し繰り返し見聞きされる。

それはもちろん露出という面だけとれば
いいことだとは思うけど、
その一方で、
短期間の間にあっという間に消費される。
そのスピードは早く、
見飽きたり聞き飽きると
「次は?」「次は?」と求めることになるけれど、
実は、そんなに次から次へと
ネタができあがるわけではない。

それは…
芸人さんだけに言えることではなく、
歌もドラマも映画も舞台も、
さらにいえば、CDもMVなどにも言えることで


そういった意味で
「需要」過多で、
「供給」が追いつかない状況
今はそんな時代なんじゃないかと
…。

この日の「ワイドナショー」では
「リズム芸人」という具体的な対象を題材に
この「需要と供給のアンバランス」な状況を
取り上げていましたが、
そんな中、生き残っていくためにはということで
一時期「♪ラララライ、ラララライ」で話題になった
「藤崎マーケット」を例に挙げていました。
「藤崎マーケット」のお2人は今、
関西でしっかり漫才をされてて
MC冠番組なども持ってやられてるそうです。
まっちゃん曰く
「しっかりと能力があって本物なら大丈夫」
という言い方をされてましたね。

今、話題になってる
「♪ラッスンゴレライ」や「♪あったかいんだから~」も
まずは知ってもらえるという意味で
第一弾ロケットをあげれたのはイイことだから、
その後、生き残るためには
きちんと第二弾ロケットを点火できるからだろう

というコメントが出演者の中でされていて

「需要」=私たち視聴者の消費のスピードが
ますます早くなる中、
「供給」=様々なエンタテイメントを創造し演じる側が
どういったスタンスで活動するか

芸能界の中で長く生き残っていくのは
ますます大変だなぁと思った次第です。

1999年、第一弾ロケットを打ち上げ
2005年-2006年に、
第二弾ロケットを点火させ、
何とか今まで来ている『嵐』

さらにもう一段、上昇することを
どう考えているのか、
そして、私たちはそれをどう見守り、
せめて足をひっぱらないようにするには…。
『嵐』に置き換えた時、
「需要」者側である私たちにも
できること、あるいは、
しない方がいいこと、
そういったものがあるんじゃないかなぁと…。


スポンサーサイト
[ 2015/02/21 00:02 ] 嵐(つぶやき)ゴト | TB(0) | CM(1)
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/02/22 22:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

松本潤君はいくつになった?
ブログ筆者:kazumie
インフォメーション
アクセス、ありがとう!
コメント、ありがとう!
拍手、ありがとう!
拍手コメは非公開扱いです。

コメントは、すべて、
読ませていただいてます!

ドリコム登録はフリーです
マウスをかざすと止まります!
出演番組
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログをはじめて…
最新コメント一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
管理者メニューEX
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ