My Favorite Thing 

★気に入ったモノ・人・出来事の記憶をきままに残したいと思います!★

【VS嵐】感想:ニノと潤君、一連のやりとりはやっぱり楽しい!!!(2014/11/27)

永井さん率いる午年生まれのチーム。
プラスワンにサンドイッチマンのお2人。
そんな対戦になった今回の「VS嵐」


私、結構サンドイッチマンのお2人の
雰囲気、好きなんですよねぇ。
嵐に対しての雰囲気とか。
まあ結果は『嵐』チームの完敗でしたが
(私自身は、結果よりプロセスを楽しんでます)
個人的には、やっぱり

  クリフクライムでのニノと潤君のやりとり


が楽しくて面白くて
そこだけでも何度かリピしちゃったなぁ(笑)

なんていうか…




ニノの話の展開力はさすがだなぁと
思いますねぇ。
「今回は俺が主役の回じゃ~ん!」
って即、対応できるのはすごいよなぁと。

そんなベースがありきではあるんですが、

ニノと潤君。
同い年だけど、
スタンスや考え方、ことの進め方などは
すごく違うだろうと感じるのに、
共鳴しあえる場面があるっていうか、
今回も、お互いの違いが
あんなに如実に出てるのに、
絵ずらとして面白くなるんだなぁと


松本潤は
基本、天然というか、
違う言い方をすると、
「楽しむ」っていうことには
無意識に貪欲っていうか、ね

自分が「お台場の指」を攻略するのに
単純にワクワクしたい
っていう発想からの
ああいった発言なんだろうなぁと。

Jr時代のニノと潤君は、
10代でちょっと消化しきれないところが
お互いありましたが、
こういった言動を見ていると、
そもそもの部分は、
2人とも変わってない気がします。
『嵐』になって、そうだな
ぁ。
2人が24,5歳くらいになったあたりから、
その根底の部分はそのままでも、
お互いの波動をうまくとらえて
うまい具合にかみってきたのかなぁって
個人的な感覚ですが思ったりして…。

しかし…

潤君の言動が
私が思うところでは
自らワクワクしたいというところからくる、
天然発言だと思ってるけど、
外にでてくる印象が、
まさに「パブリックイメージ」どおりの感じに
とらえられるものではあるんだなぁと
今回、潤君ファンとしては思った次第で…(苦笑)。

「お台場の指」攻略にあたって、
バーをつかんで横移動することが
「おれは地味だと思う」
だから「飛ぶ」っていう…ね。
「派手」な方法を選ぶっていう発想は
なかったと思うけど、
結果として派手になったよなぁと
(爆)。

いやいや、でも、
ニノも「お台場のアゴ」初攻略、
潤君は「フライングジュン!」となり
見ごたえ、面白み、抜群だったなぁと。
(まあ、あくまで私の個人的な印象です)

そんな状況でありながら、
『嵐』の完敗っていうのも
まあ、嵐らしいっちゃあ嵐らしい。
そんな楽しい回でしたぁ。

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

松本潤君はいくつになった?
ブログ筆者:kazumie
インフォメーション
アクセス、ありがとう!
コメント、ありがとう!
拍手、ありがとう!
拍手コメは非公開扱いです。

コメントは、すべて、
読ませていただいてます!

ドリコム登録はフリーです
マウスをかざすと止まります!
出演番組
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログをはじめて…
最新コメント一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
管理者メニューEX
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ