My Favorite Thing 

★気に入ったモノ・人・出来事の記憶をきままに残したいと思います!★

【記録】嵐の映像コンテンツ(DVD&BD)売上数の推移(2014/8/6付)

2014年、第2弾の映像コンテンツは
アルバムツアー「Love2013」。
その初動売上(初週売上)が発表されました


  約53.4万枚


デビュー以来の
360度ステージでのドームツアー。
その東京ドームの模様が収録されています


まずは
これまでの推移を俯瞰でみるためにも
恒例(?)の推移をグラフにしてみました。

  嵐DVD売上2


前作「アラフェス2013」から
→「嵐のDVD売上数の推移(2014/5/27付)」はこちら
DVDとBlue-ray(以下、BD)の合計値を
映像コンテンツ売上とすることになり、

今回の「Love」の「約53.4万枚」も

   「約53.4万枚」というのは
    DVDとBDの合計値

になります。

『嵐』の映像コンテンツは、
2011年から初動売上50万枚をキープしており

あいかわらず「ライヴ」=「映像」での
『嵐』の強さは継続されているものと思います。
→「嵐、ライブDVD&BD同時制覇 歴代1位記録3つ更新@オリコン」はこちら

・音楽DVD「通算総合首位獲得記録」を13作
・音楽DVD「連続総合首位獲得記録」を11作
・音楽BD歴代1位の「初週売上枚数記録」

ということで…




まずは個人的に、
前作「アラフェス2013」のときも
ちょっと感じていたんですが、
世の中的には、「BD」という市場は
まだまだなんだなぁ〜といういこと

(わたし的には、録画デッキはBD対応が
 当たり前のように思っていましたが、
 確かに、ポータブルやカーナビなどは
 まだDVD対応が主流ですし、
 また海外ではまだDVDが強いようです)
とはいえ、前作の「アラフェス2013」での
映像のクリアさはDVDとはやはり違っていて、
私の周りでは、今回はBDを買うという人が
結構いたような印象です。

さて、そういった流れを受けてか…

今回の「Love」の内訳はといういと…
初動売上「約53.4万枚」のうち
 ・DVD売上:40.4万枚(約75.8%)
 ・BD売上 :12.9万枚(約24.2%)

ということで、全体数が違うので
なんとも言えないところですが、
数だけでいけば、
BD数が2万枚ほど増えたことになります。
現段階では、ブックレットは
DVD盤にしかついていないので、
今後どういったことになるかは様子見でしょうか?

さて、全体の数字からすると
初動50万枚以上を4年連続キープしてはいますが、
今回の「Love」は前作から「−5万枚」ということで、
この数字自体が今後どういったことになるかは
次回のコンテンツを見ないと
何とも言えないかもしれません

ただ、
『ライヴ』は『嵐』の生命線でもあると思いますし、
その『ライヴ』について
わたし個人が強く思っていることは、
売上やファンのわがままな声に
大きく左右されることなく、
『嵐』自身が魅せたいもの、やりたいことありきで
創っていってほしいなということで
す。
数字を追いかけていくような「ライヴ」は見たくないし、
ただわがまま言って不平不満を言ってるだけの
マイナスの声に迎合してほしくないと思っています。
『嵐』ファンを14年続けてきて、
震災前後の2,3年、
大衆受けするようなライヴを続けてこざるを得なかった
そんな『ライヴ』じゃなく、
常にチャレンジャブルでアグレッシブなライヴを
創り上げてきた『嵐』が大好きですし、
愛をもって「あーだこーだ」と言いながら
『嵐』の世界観を堪能していきたいと思います




スポンサーサイト
[ 2014/08/08 00:02 ] 嵐(CD/DVD/V/PV)ゴト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

松本潤君はいくつになった?
ブログ筆者:kazumie
インフォメーション
アクセス、ありがとう!
コメント、ありがとう!
拍手、ありがとう!
拍手コメは非公開扱いです。

コメントは、すべて、
読ませていただいてます!

ドリコム登録はフリーです
マウスをかざすと止まります!
出演番組
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログをはじめて…
最新コメント一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
管理者メニューEX
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ