My Favorite Thing 

★気に入ったモノ・人・出来事の記憶をきままに残したいと思います!★

松本潤の「さすがだなぁ~」と私が思うこと@QLAP4月号

ファンになって約14年、
メディア越しではあるけれど、
松本潤という人を見てきて、
時にモヤモヤしながらも(苦笑)
変わらない前向きな気持ちで
応援してきて

  松本潤には、
  いろいろ「さすがだなぁ~」
  いや、素直に言えば
  「好きだなぁ~」って思うところが
  沢山あって


私がイイと思っても
真反対から反対して揶揄する人も
いるんだろうけど、
所詮、そういったところは、
個人的で主観的なものだから
って思ってて…

そんな中、Twitterで教えていただいた
某ちっちゃな記事の中に、
改めて「さすがなぁ~」「好きだなぁ」って
思うことを認識するエピがありました。

なので、ちょっと書き記しておこうかと…




あくまで、
私が勝手に解釈して
これまで応援してきた中で
感じてきたことを
照らし合わせてみた部分なんですが…

記事は雑誌「QLAP」の4月号。
「ABC-Z」の特集記事

  ↓↓
20140401_171636_convert_20140401205508.jpg


ABC-Zが横アリ→代々木第一体育館と
続けてライヴをおこなったのは
2008年ですね。
2008年10月→11月。

このエピを読んで、
たかだかな短い記事ではあるんですが、
私が思う「松本潤、さすがだよ!」
って思うところが3点!
ギューーッと集約されてる気が…。

(1)俯瞰して全体を把握する力
    代々木第一体育館でのライヴを見て
    直前におこなわれた
    アリーナクラス(横浜アリーナ)の
    演出&構成をほぼそのまま
    持ってきたということを見抜いたこと。


(2)相手にきちんと伝える力
    自分の思ってること、考えてることを
    相手にきちんと伝えられること。
    そして、伝えようとするスタンス。
    ある意味、伝える覚悟を
    きちんと持っていること。


(3)「自分」として伝える力
    相手がどうということではなく、
    あくまで「自分」が思うという
    スタンスで語ること。

なんかね。
潤君自身もインタビューで言ってましたが
潤君には「俯瞰把握力」がすごくあると
思っていて、
それに加えて私がすごいなって思うのは、
その考えや思うところを
「自分」をまっすぐ軸に据えて
「相手」にきちんと伝えること。
そこが素晴らしいなぁ~って思います。
単に、「相手」をあーだこーだと
追い込むようなことを言うのではなく、
「自分」もそうだった、
「自分」のこういう考え方から、そう思う
…っていうようなスタンスを
しっかり持ってる気がしています。
人は、往々にして、
自分を安全圏においておいて
相手をあーだこーだ言うだけのところがあるけれど、
自分を逃がさず、相手に相対して(あいたいして)
ぶれずに伝えることのできる人だなぁ~って思っています。
自分に逃げ道作って意見する人って
結構多いですからねぇ~。
松本潤には、そういうところがない気がします。
逃げずに、真っ向伝える

かつて七之助くんも言ってたけど、
そういったところが合うんだろうね。
互いに刺激しながら上のレベルへと
上がっていく感じで…。



スポンサーサイト
[ 2014/04/02 00:02 ] 嵐(雑誌/新聞)ゴト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

松本潤君はいくつになった?
ブログ筆者:kazumie
インフォメーション
アクセス、ありがとう!
コメント、ありがとう!
拍手、ありがとう!
拍手コメは非公開扱いです。

コメントは、すべて、
読ませていただいてます!

ドリコム登録はフリーです
マウスをかざすと止まります!
出演番組
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログをはじめて…
最新コメント一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
管理者メニューEX
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ