My Favorite Thing 

★気に入ったモノ・人・出来事の記憶をきままに残したいと思います!★

ライヴにおける「演出」について@1番ソングSHOW

3月12日にOAされた
「1番ソングSHOW」で
『嵐』のライヴパフォーマンスについての
映像が紹介されいました


おもに流れた『嵐』ライヴの『演出」は
国立競技場でのライヴを中心に
・風船
・水(ウォータスプラッシュ、ウォータスクリーン)
・花火

の映像でした。

こういった紹介映像を見るたびに、
私は「なるほどぉ~」
って思うことが、
年数を重ねるごとに多くなってきました


っていうのも…

(ちょっと上目線で素人が語りますので、
 大目に見ていただける方のみ
 読み進めてください)

なんていうか…





  「一般目線」と「ファン目線」の
  両方なんだよなぁ~


と。
もっといえば

  「アイキャッチ力」と「じんわり力」の
  両方なんだよなぁ~


と。
さらにいえば

  「わかりやすさ」と「ツボさ」の
  両方なんだよなぁ~



って思うわけです。

この両方の要素が
バランスよくあって、
広く人気のある魅力的なライヴに
なるのかなぁ~


って、そんな風に思っています。

なんていうか…

ファン目線でいえば
メンバ個人のパフォーマンスが、とか
メンバ同士のボディタッチが、とか
アルバム曲のこの歌が、演出が、とか
…敢えてこういった表現しますが、
いわゆる、
ちまちました、細かい部分が大好きで、
そこにライヴの面白さや楽しさを
より感じるものだと思います。
それは、先に記した言葉でいうところの
「ファン目線」であり、
「じんわり力」であり、
「ツボさ」なんだと…


一方で、
とくにテレビなどで
『嵐』のライヴを
一般視聴者に向けて紹介する際は、
もっとわかりやすく説明できる必要があり、
何より、一般の人の目を引く要素、
ある種の豪華さや珍しさがないと
ならないと思っています。
テレビでの尺=OA時間も限られてるわけですから…。
また、ファンじゃない人がライヴ会場に
初めて来た際も、
導入部分として
目を引く演出は必須なわけで、
その部分に「すごいなぁ~」と関心しつつ、
ファンになってもらえれば、
じわじわとツボに思える魅力にも
気づいて離れがたくなる…。
そんなプロセスは普通のこととして
あると思うんですよね。
もちろん、それだけじゃないですが、
こういった演出は、
「一般目線」であり、
「アイキャッチ力」であり、
「わかりやすさ」なんだと…


  わかりやすく言えば
  テレビの絵的に映える「演出」
  新聞の見出しにしやすい「演出」
  そういった要素も重要だと


年々強く感じるようになりました。

なんだかDVDが出たりすると
愛を持って意見するのではなく、
ことさらに、
演出がどうとか誹謗中傷を繰り返す輩が
現れますが失笑ものだなぁって思います。

もっといえば
ライヴの「演出」には
メリハリが必要で、
大きくいえば、
上記のような2つの要素を
バランスよく配置して展開すること。
その前提で、
常に、新しいことにチャレンジしていくいこと。
そういったところが肝なのかなぁ~
と思っていて、
そういった『肝』の部分に
いつも取り組んでる、
とくに、潤君には
本当に感謝しています

ファンだということを除いても。

最新のライヴ「LOVEコン」のとき
ふと思ったのですが、
長く『嵐』のライヴに参加してきて
実際に今回の「LOVEコン」に
参加した身としては、
ある意味、原点回帰的な感覚で、
丁寧に『嵐』としてのメッセージを
ライヴという形に昇華してくれて、
ファン目線でめっちゃ満足できたライヴでした。
…なんですが、一方で、
そのライヴの様子を
WSなどテレビで紹介した、その映像は
近年の中で一番地味だったと感じています。
(敢えて、こういった表現を使っていること
 ご理解ください)
なんていうか、いわゆる「わかりやすい」
派手で目新しい「演出」はなかったわけで、
デビュー以来の360度で、
ファンキーをみんなで踊り、
目玉はパラドックス…という感じだったかと。
たぶん、こういった演出でのライヴを実施できるのは、
ある程度のポジションを築いている
「今」だからこそだからなぁ~とも
感じていましたが…。

まあ、考え過ぎかもしれませんが、
とにかく、

「1番ソングSHOW」で紹介された
『嵐』ライヴの映像は、
まさに、「これぞ嵐」であり、
プラス、「これ以外にも嵐」
ってことでもあり、
やっぱり『嵐』のライヴは
完成度&満足度の高いエンタテイメントだ
って改めて痛感します

ってことなんですけど…ネ!



スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

松本潤君はいくつになった?
ブログ筆者:kazumie
インフォメーション
アクセス、ありがとう!
コメント、ありがとう!
拍手、ありがとう!
拍手コメは非公開扱いです。

コメントは、すべて、
読ませていただいてます!

ドリコム登録はフリーです
マウスをかざすと止まります!
出演番組
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログをはじめて…
最新コメント一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
管理者メニューEX
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ