My Favorite Thing 

★気に入ったモノ・人・出来事の記憶をきままに残したいと思います!★

【VS嵐】感想②:ウエストサイドストーリー(WSS)という共通項!(2014/2/27)

宝塚OG&現役チームが対戦ゲスト
カザポンがプラスワンゲスト
だった「VS嵐」!


カザポンがコメントしてくれた
「信頼できる潤君」については
すでに記事として書かせていただきましたが
→「感想①:やっぱり相当、優しいんじゃないかなぁ~!」はこちら

改めて対戦相手の「宝塚チーム」と
『嵐』&カザポンの共通点!

  ウエストサイドストーリー(WSS)


この共通の話題があって
傍(はた)から見ている私にも
宝塚チームとの共感が
見えたような気がして


そして、何より…




私自身が懐かしかった!
都合…5回は観たな。
『嵐』&カザポンのWSS!
青山劇場で…ね


過去記事にも
カザポンがらみで
ちょこっと書いたことがありましたが
→「風ポン記事@女性自身」はこちら
→「【VS嵐】感想:さすが風ポン!!…でしたねぇ~」はこちら


とにかく、

  潤君のベルナルド


ワイルドで
尖っていて
すごく色っぽくて


このときの相手役は
くしくも「宝塚」の女役の方。
いえ、もともとは
男役の方だったんですが、
身長のことなどもあって
女役に転向した方。

…なので、

群舞・マンボのシーンは
潤君演じるベルナルドの側、
シャーク団の方の
華やかこと、華やかなこと!
身長のある女性との
キッレキレのダンス!
女性を肩に乗せて
潤君がリフティングしたり…。
めっちゃかっこよくて、
本当に舞台映え200%…だね!


その横には
いわゆる子分役のチノ。
そうカザポンがいて、
その後のストーリ展開に
大きな役割を担うんですが、

WSSで有名な、
足を高く上げて
3人で踊るダンスも
潤君とともに頑張ってましたぁ!

そんなシーンを
思い出しながら、
宝塚のトップスターの方々から
「ベルナルド!」
「トニー」
「リフ」
「私、観た!」
な~んて声があがって
一緒に共有できる演目があって
ほんとに改めて、
『嵐』がこれまでに
経験してきた様々なことは
いろんな意味で、
大切な財産になってるなぁ~

そう思った次第です。
そして私自身も、
その一部を記憶として
刻めていることに
感謝、感謝です。


スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

松本潤君はいくつになった?
ブログ筆者:kazumie
インフォメーション
アクセス、ありがとう!
コメント、ありがとう!
拍手、ありがとう!
拍手コメは非公開扱いです。

コメントは、すべて、
読ませていただいてます!

ドリコム登録はフリーです
マウスをかざすと止まります!
出演番組
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログをはじめて…
最新コメント一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
管理者メニューEX
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ