My Favorite Thing 

★気に入ったモノ・人・出来事の記憶をきままに残したいと思います!★

【嵐にしやがれ】感想:あのときの記憶と思い…(2013/1/29)

勝村さんゲストの「嵐にしやがれ」

勝村さんとは
ニノが10年来?
潤君とは6年くらい?
の間柄なのかな?

わたし的には…




勝村さんと潤君といえば、
いっちばん最初の印象は、
まだニノとしか関係性がなかったころの
「なまあらし」に勝村さんが
ゲスト出演されたときの記憶が
結構強烈でしたぁ

コンサートの指揮者みたいな衣装の潤君が
なにかと勝村さんの回答に
つっこんでた場面の記憶が残ってて(爆)。

あれから…
舞台では
「白夜の女騎士(ワルキューレ)」
「あゝ、荒野」
ドラマでは
「スマイル」でも

ご一緒させていただきましたよね。

「嵐にしやがれ」の中では
舞台「白夜の女騎士(ワルキューレ)」
の頃のことが語られていましたが、
あの舞台を実際、生で観れたこと。
その記憶と思いは
一言では語れないものがあり、
すごく懐かしく、かつ、
すごく誇らしいもの
として残っています。

ということで…
蜷川さんの舞台2つ。
「白夜の女騎士」を経て、
「あゝ、荒野」へ向かう際の
蜷川さんと潤君の対談に
いろんな思いが詰まっていると思うので、
もし、ご興味があるようでしたら、
長い記事ですが、
下記をご覧いただきたくお願いいたします。
→「【あゝ、荒野】制作発表会見:成長したなぁ~!愛されてるなぁ~!」はこちら
→「5年前の『婦人公論』覚え書①:雰囲気編:『生意気でカワイくない2人』」はこちら
→5年前の『婦人公論』覚え書②:蜷→潤編:蜷→潤へのアプローチは『嫌みな愛』」はこちら
→「5年前の『婦人公論』覚え書③:蜷→潤編:蜷→潤への期待は『もっといい表現者に』」はこちら


スポンサーサイト
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/02/02 04:58 ] [ 編集 ]
>紫陽花さんへ
こんにちは!
コメント、ありがとうございます。

実は私も、その当日観劇していました。
千秋楽も観劇していて、観られてない方には申し訳ないけど、
その場で実際観ないと、もしくは、その当時に潤君ファンでないと
わからない感情っていうのがあるような気がしています。
なので、このブログの記事内でも語りきれない部分があって、
また、逆に、今更、語る必要もないだろ?!っていう部分もあって、
…結果、この対談記事を読んでいただくことで、
感じ取ってもらいたいものがあって、書いた記事でもあります。
読んでいただけて嬉しいです。
これからもよろしくお願いします。
[ 2013/02/04 00:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

松本潤君はいくつになった?
ブログ筆者:kazumie
インフォメーション
アクセス、ありがとう!
コメント、ありがとう!
拍手、ありがとう!
拍手コメは非公開扱いです。

コメントは、すべて、
読ませていただいてます!

ドリコム登録はフリーです
マウスをかざすと止まります!
出演番組
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログをはじめて…
最新コメント一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
管理者メニューEX
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ