FC2ブログ

My Favorite Thing 

★気に入ったモノ・人・出来事の記憶をきままに残したいと思います!★

【嵐バラエティ番組】 総括:ふつーな感じで安定推移?@2010年上半期

2010年4月より、
日テレ「嵐の宿題くん」が終わった後、「嵐にしやがれ」がスタートし、
これまでの間にも、何回か書き留めてきましたが、
日テレ・TBS・フジにて、
『嵐』の冠番組が3本となり、
半年が経ちましたぁ!!

その全体的な感想を一応記しておこうかと。

とは言っても、すでに、
「嵐にしやがれ」については、別記事(→記事はこちら)で
書かせていただいたので、
ここでは、「VS嵐」「嵐ちゃん」とメインに、
全体的な印象をば…(爆)。

まずは…



恒例(?)の視聴率推移はこんな感じ。
それぞれの番組に、それぞれの歴史(短いながら)があるので、
一概に並べてどうのとは言えませんが…。
嵐バラエティ3番組0901から1009



「VS嵐」については、
土曜昼ローカル枠から木曜日G帯(19時)に移動してきてから、
基本、13%あたりで、
安定推移
している感じです。
おそらく、番宣番組としても期待されていると思うので、
15%くらいはほしいところでしょうけど、
まずまず合格点という感じではないでしょうか?
ちなみに、同じフジの19時台番組については

2010年        4-6月  7-9月
-----------------------------------
月曜日:ネプリーグ  14.3%  15.3%
火曜日:カスペ!   13.4%   13.2%
水曜日:ヘキサゴン  13.1%   12.5%  
木曜日:VS嵐     13.0%   12.7%
金曜日:ペケポン   15.4%  14.5%

逆にいえば、安定しすぎてる感じで、
ここから1つ飛躍するためには、
どうしたらいいのか。
ゲーム(アトラクション)を増やしていくことは折り込み済みでしょうけど、
根本的には、
『嵐』自身のトーク力というか、盛り上げ力が
問われる気がします。

ゲーム番組は、所詮、ゲームの枠を超えれないわけですから、
それ以外の要素で、演出をしていかないといけないので…。


一方、
「ひみつの嵐ちゃん」については、
「社会科解明番組」としてスタートした当初の影はまったくなく、
途中、「衝撃映像番組」か?と思ってしまう形になった時期を経て、
スタッフもほぼ総入れ替えして、今の形に至ったわけで、
その内容のよしあしはさておき、
ここまで数字を盛り返し、
一定の結果が出せるようになったことは、
若干の驚きとともに、
素直に頑張ったなぁ~
って思います。
(何度も繰り返しますが、よしあしは別にして…)。
個別の視聴率推移をピックアップすると、こんな感じ。
嵐ちゃん0901から1009


ただ、それでも数字としては、13%程度
この数字は、正直、TBSとしてはイイ方で、
もっといえば、実は、「嵐ちゃん」の前番組が
5%6%推移だったことを考えれば、
かなりのアップ率で、ある意味、
嵐ファンを中心に、ある程度の固定視聴者を
捕まえてるともいえるわけで…。
10月以降は、前番組にドラマ「渡鬼」がくるわけですが、
同時に、裏にドラマ「医龍」が来るわけで、
それがどう影響してくるのか…。

内容的には、
「VIP ROOM」「マネキンファイブ」の2大柱を
補強するような
新たな目玉企画を模索中
という感じで…。
「ランキングダービー」「ダウトアクションs」に加え
「一発ギャンブラー」も候補として、お試ししている感じ。

まあでも、
『嵐』メンバをランキングするような企画が多く、
また、ニノも語っていたように、
『嵐』メンバの気持ちを
えぐるようなものが多いわけで
…(苦笑)。
こういった企画に対しては、
ファン目線と、そうじゃない一般視聴者の目線の違いが
大きいわけですが、
私は、案外、一般視聴者目線の方が、
単純に素直な反応をするなぁ~っていう印象
です。

ここからは一言二言、誤解を恐れず敢えて言いますが、
『嵐』の冠バラエティ番組全体にいえることですが、
ファンじゃない一般視聴者より、
『嵐』ファンの方が、ある意味、厄介だなぁ~
って思うときがあります。
まあ、私自身もファンですから、
自分で自分が厄介…ともいえるのかもしれませんが。

正直、『嵐』ファンと言っても、
メンバごとに、贔屓はあると思うんです(程度の差はあれど)。
そして、自分の贔屓メンバが下のランクだったり、
あまり関わらなかったりしたときの、
その反応が、後腐れのない形であればいいけど、
案外、ネチネチと思っている人もいるような気が…。
番組サイトの掲示板などにも、
なんか、いろいろあるみたいで
…(苦笑)。

ファンって、
ファンである自分で言うのもなんですが、
「好き」という気持ちの裏に、程度の差こそあれ、
嫉妬や憎悪みたいものも抱えているものなので、
ランキングものなど、そういったファンの気持ちを
よくも悪くも逆なでするような企画は、
見る方のファンの方の側にも、
「成熟度」…
みたいなものが問われるているなぁ~と


私も、単なる一ファンなので、
変に冷静になる必要もないけど、
あれこれ、重箱の隅を
こねくり回すようなファンにはならないよう、
自分でも気をつけなきゃ…って肝に銘じたいと思います。

『嵐』の足を引っ張るのが
ファンではないように。
『嵐』の首をしめるのが、
ファンではないように。



スポンサーサイト



管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/10/06 12:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

松本潤君はいくつになった?
ブログ筆者:kazumie
インフォメーション
アクセス、ありがとう!
コメント、ありがとう!
拍手、ありがとう!
拍手コメは非公開扱いです。

コメントは、すべて、
読ませていただいてます!

ドリコム登録はフリーです
マウスをかざすと止まります!
出演番組
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログをはじめて…
最新コメント一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
管理者メニューEX
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ